艦娘ゆかりの地を訪ねて~21隻目

美保関灯台

灯台
住所:島根県松江市美保関町美保関字大平
最寄駅:美保関バスターミナルより美保関コミュニティバスに乗り、終点の美保関から東へ徒歩35分
目印など:美保関バス停(終点)から海沿いに東へ、灯台が近くになると駐車場が見えてきます。





関係する軍艦 蕨(わらび) 葦(あし)
関係する艦娘 神通 那珂

灯台を遠くから
美保関灯台は1898年にフランス人技師の指導により建設され、歴史的価値から2007年に灯台初の登録
有形文化財として登録された島根を代表する灯台。また世界の灯台100選択及び日本の灯台50選にえらばれるなど保存灯台として今もこの海を照らしている。しかしこの周辺海域は1927年8月24日、旧日本海軍が美保関沖で行っていた夜間演習中に起こった事故により数多くの人命が失われました、その事故とは・・・


美保関事件

美保関のかなたへ

経緯
美保関灯台より広がるこの海は軽巡洋艦『神通』が駆逐艦『蕨(わらび)』と激突し神通が艦首を大破し蕨は
沈没、そして神通を避けようとした軽巡洋艦『那珂』が駆逐艦『葦(あし)』と衝突し蕨・葦を含め計120名もの
犠牲者を出したいわゆる美保関事件の発生した場所です。事件発生後に行われた査問委員会ではこの演習を計画した加藤寛治海軍大将は政治的責任を追求されず、神通の艦長である水城圭次や当直の将校・神通と那珂の航海長が業務上致死罪として起訴することを決定。
加藤海軍大将の責任が追求されなかった理由としては当時の日本はワシントン海軍軍縮条約の結果艦艇の所有数が他国より少なく制限され、その分を連合艦隊司令長官加藤寛治による『訓練に制限無し』という考えのもと行われる過酷な訓練で補おうとしていた。しかしこの訓練を否定されると軍縮の比率を了承した政府に対する国防責任を問われることになり、逆に軍艦で戦力不足を補うと財政面で多大な負担増となり国が破産する恐れがあったという背景がある。軍法会議で神通艦長・水城圭次は『すべて私の責任です』と発言し一切の弁明はしなかった、そして最終的な判決は水城圭次を有罪とし罰金300円(現在で20万ほど)を言い渡す予定だったが1927年12月26日自宅にて自決、判決が出る1日前の出来事であった。その後関係者の裁判が終了し美保関事件の話題は収束していくがこの事件後も厳しい訓練を続け同じ事故が発生している。


美保関事件の主な原因としては
・軍縮の影響による安全を軽視した過酷な訓練
・龍田が照射した探照灯で神通乗組員の目がくらんだ
・水城艦長は砲術科時代に耳を悪くしており、部下の注意を聞き漏らした
などが挙げられる。

事件から51年後、神通と衝突し亡くなられた蕨艦長のご子息である五十嵐邁(すぐる)氏が『黒き日本海に消ゆ』という本で事件について書かれており、その後『美保関のかなたへ』とタイトルを変え文庫本化されてます。なお、沈没した蕨は今でもレーダーにその姿が映るという。(1997年当時の護衛艦『はるな』艦長より)


沈没地点
赤矢印が美保関灯台、そして青矢印が蕨沈没地点。


美保関沖
灯台近くからの美保関沖、このどこかに蕨が眠っている。


道
美保関灯台へと続く一本道、歩道はないので車にご注意を。


道2
ひたすらこんな感じの道を歩いていきます。


駐車場
で、ゴールの駐車場。


八雲
美保関は小説家・小泉八雲が家族と共に訪れた場所でもあります。


五本松
次に訪れたのは同じく美保関事件を語り継ぐ『五本松公園』です。美保関のバス停を西方向へ徒歩5分ほどの場所に公園へと続く入り口があります。(赤矢印)


リフト
以前は頂上の手前までリフトが動いてたそうですが今は廃止され、頂上までは徒歩20分ほど。


平和記念塔
頂上にある平和記念塔、あまり手入れをしている状態ではない。ちなみに塔の反対側にある鳥居から続く山道は美保関灯台に繋がっています。


由来
塔の近くにある由来書き。


慰霊塔
今度は島根県から鳥取県へ移動、同じく美保関事件の慰霊塔がある『台場公園』へ。元々は鳥取藩が幕末に
黒船来襲の備えとして砲台を設置した跡地とのこと。


塔内部
慰霊塔の中身、機雷と砲身(何の砲身かは不明)だそうです。


慰霊塔由来
慰霊塔の由来書き、事故当時の状況や慰霊塔建設の経緯などが書かれています。



場所はこちら、国道2号線を東に行くと美保関灯台で台場公園を西へ行くと最寄り駅である境港駅につきます。


本人
境港といえば『ゲゲゲの鬼太郎』の作者、水木しげる氏の地元として有名な場所です。たまたま町中を歩いている鬼太郎の着ぐるみを発見。


作者
境港駅前にある銅像、鬼太郎とねずみ男に絡まれてます。


パチ屋
すでに潰れたパチ屋、昭和ですね。





艦娘ゆかりの地を訪ねて~まとめページ

http://naniwanohuraibou.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

コメント

非公開コメント

こんばんは^^

『トカゲの尻尾切り』、酷い話ですねぇ・・・
ニ・二六事件でも首謀者の将軍クラスは無罪になって、青年将校だけが銃殺されましたが、昔の軍隊ってこういうのが横行してたんでしょうね・・・
『神通』の艦首が、めちゃくちゃグロいです^^;
てか『ナショナル会館』、字体ががまんま現・パナソニックの『ナショナル』そっくりなのがウケたwww

返信用

>川崎さん
上が無罪とか納得いかない部分はありますね(戦争と軍縮の煽りもあるんだけど)、国を信じて鍛錬を続け闘ってた人はどんな気持ちだったんだろうか、とりあえず慰霊塔の前で手を合わせてきました。神通はほんとよく沈没しなかったと思います、事件後は舞鶴で応急措置をして呉で修理をしたそうです。
パチ屋は・・・ローカルってことでいいんじゃないかな!え?ダメ?デスヨネー。もう潰れたんだし。

No title

また知らない史実でしたね~。
衝突ネタはゲーム内でもちらほらありますが、この事件はいろんな意味でネタにするにはかなり重い内容みたいです。軍縮は空母絡みのところでもいろんな弊害が(RJなんかもその被害者ですが)ありましたが、やはりサイズを問わず悲劇は起こっていたというわけですね。

ミッドウェーの全海域クリア報酬とかでそろそろ信濃が来るかな~と個人的には思っていますが、こういった艦たちも実装の可能性はありそうですね。

返信用2

>ミク
友鶴は公式4コマで何回か出てたかな、美保関は事件名は出さず解説だけだった。ゲームであろうと漫画であろうと根元は戦争だから何でもかんでも・・・ってな訳にもいかないやろうね。軍縮の分を補うにはこれしかなかったのか、でも下手に船を作ると国が傾くし・・・何が正解か分からん。
信濃はずっと噂だけは出てるね、実装されたら運が扶桑姉妹を上回る低さだったり、え?胸?勿論でか・・・おや、向こうで関西弁で叫んでる少女がry
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
スポンサードリンク
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる