艦娘ゆかりの地を訪ねて~47隻目

大原八幡宮

鳥居
住所:大分県日田市田島2丁目184
最寄駅:JR日田駅から北東へ徒歩で約20分ほど
目印など:神社に隣に大分地方法務局日田支局






ゆかりの艦娘 三隈


最上型2番艦として三菱造船長崎造船所にて建造された三隈は名前を筑後川上流部の三隈川から、艦内
神社は大分県日田(ひた)市にある大原八幡宮より分霊を受けました。最上・鈴谷・熊野らと第七戦隊として
南方作戦へ参加、1942年のバタビア沖海戦では最上と連合軍の巡洋艦2隻を轟沈させている。
しかしミッドウェー海戦にて最上に衝突され損傷、その後米軍の爆撃にて轟沈、重巡洋艦としては日本海軍で初めて沈んだ船でした。


階段

門
三隈の艦内神社である大原八幡宮では戦後、軍艦三隈会によって慰霊祭が2006年を最後に数回行われて
いました。画像下の楼門は神社の中で最も古いとされ、市の有形文化財として認定されています。


本殿

大山
本殿と大山祇神社。大山祇神社は50回目にご紹介した天龍の艦内神社で全国に分霊されています。


馬

牛

牛2
境内にある馬と牛、大井神社にもありましたね。


終焉
本殿裏にある小倉陸軍造兵廠本部終焉之地の石碑、造兵廠とは旧日本陸軍の兵器工場で小倉陸軍造兵廠はその名の通り北九州小倉にあったものです。しかし戦況の悪化により複数の場所に疎開し、そのうちの一つが大分県日田市であり日田市の田島という所に本部が置かれていました。


日田市役所
朝方撮影した日田市役所、この時期は深い『底霧』と呼ばれる霧が発生するそうな。


川

川2
こちらは三隈の名前の元になった三隈川、しかし改めて見ると何も見えませんね・・・。


水門

橋
水門と日隈城跡地、現在は亀山公園として整備されています。


下駄
日田駅構内にある巨大な下駄。


慰霊碑2
お次は空母海鷹(かいよう)の慰霊碑がある大分県日出町にやってまいりました。海鷹は艦これに実装されている飛鷹・隼鷹と同じく客船を改装した空母で改装前の名前は『あるぜんちな丸』
1945年に愛媛県の佐田岬沖にて機雷に接触し航行不能となりますが駆逐艦 夕風に曳航され、この地にて
座礁しました。戦後になって解体され1982年に元乗組員の人たちにより慰霊碑が建てられました。


海
慰霊碑の前には綺麗な海が広がっています。


石垣

学校
その慰霊碑が置かれている場所は日出(ひじ)城といい、跡地には小学校が建っています。


櫓

錬太郎
荒城の月の作曲で知られる瀧廉太郎の銅像。廉太郎のご先祖様は日出藩に仕える武士の家柄で、廉太郎
自身も日出町出身で作る『暘谷(ようこく)会』に入会していました。




地図
場所はこちら(赤四角)、暘谷駅から南へ徒歩10分もかかりません。


飛ぶ
某少年誌ではありません。                       多分







艦娘ゆかりの地を訪ねて~まとめページ

http://naniwanohuraibou.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
スポンサードリンク
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる