艦娘ゆかりの地を訪ねて~55隻目

香取神宮


住所:千葉県香取市香取1697-1
最寄駅:JR成田線 香取駅から南へ徒歩30分ほど
目印など:特になし、強いて言えば参道にあるお土産店通りと手前にある駐車場









ゆかりの艦娘 香取 利根

P5120261.jpg


香取型練習巡洋艦の1番艦 香取は2・3番艦の鹿島、香椎と共に横浜船渠で建造されました。名前は自然現象や植物、旧国・山・川から取られたわけではなく今回ご紹介する香取神宮より、艦内神社もここから分霊されています。(鹿島と香椎も同様)その名が示す通り練習艦として建造されますがのちに前線で戦う事となり、
最後は1944年のトラック島空襲にて轟沈。香取神宮は利根型1番艦 利根の艦内神社にも分霊されており、乗組員や艦長が神宮に参拝しています。画像の錨は海上自衛隊の練習艦「かとり」の錨で1998年に除籍された記念として奉納された物。


P5120208.jpg
鳥居へと続くお土産通り、名物はヨモギを練りこんだ草団子。


P5120215.jpg
そのお土産通りを抜けた左側にある石像、よど号といえばハイジャック事件が有名ですが人質の身代わりになった人がいたとは知りませんでしたね。千葉県香取市出身だから作られた模様。


P5120324.jpg
その隣には何故かタイムカプセルが。


P5120223.jpg
木々に囲まれた参道を歩いていきます。完成したのは1940年で利根の乗組員もここを通ったのかな。


P5120221.jpg
参道の途中に小道があったので少し寄り道。


P5120231.jpg

P5120230.jpg
地震を抑える要石を発見、由来書きによるとナマズが原因だそうな。


P5120226.jpg
さっきの参道を寄り道せずにまっすぐ進むともう一つ鳥居が見えてきて・・・


P5120240.jpg
重要文化財の楼門が見えてきます、作られたのは今から315年前。


P5120243.jpg
その近くにある黄門櫻、水戸黄門こと水戸光圀が植樹したとされています。


P5120249.jpg
門をくぐって拝殿へ。


P5120299.jpg
こちらは御神木、樹齢は1000年とも。


P5120276.jpg
拝殿、本殿左にある三本杉、三つに別れてます。


P5120304.jpg

P5120305.jpg
力比べに使われた『さし石』と呼ばれるもの、持ち上げた人の名前が刻まれてるらしいんですが見えない。


P5120281.jpg
鹿島神宮の摂社、香取神宮・息栖神社と鹿島神宮の鎮座する場所を結ぶと直角二等辺三角形が完成します。


P5120286.jpg
神社北側にあった団子屋、朝早く参拝したので準備中でした。


P5120294.jpg
そこから右へ進むと香雲閣という建物が、説明書きによると明治29年築で大正天皇が休憩をされた場所。


P5120313.jpg

P5120314.jpg
神社横で発見した弓道場。


P5120332.jpg

P5120334.jpg
駅へ向かう時に見つけた石灯篭と・・・なんでしょ?神様が一時的に駐在する場所・・・?


P5120335.jpg

P5120336.jpg
同じく道の途中で発見した小さな神社、神宮北側の道にはこういった場所が幾つか存在しています。


P5120337.jpg

P5120340.jpg
こちらは利根の名前の由来となった利根川と津宮浜鳥居、ここから神様が上陸したという。



場所はこちら、最寄駅についてですが香取駅はバス・タクシーが無いので使うのであればお隣の佐原駅で。







艦娘ゆかりの地を訪ねて~まとめページ

http://naniwanohuraibou.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
スポンサードリンク
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる