再建を願って


9月のシルバーウィークに宮城・岩手・青森の三県に渡りゆかり巡りに行ってきたわけですが、実はそれ以外にも帝国海軍ゆかり巡りの地を三か所ほど訪ねていました。その一つが青森県八戸市にある蕪嶋(かぶしま)
神社で1942年に旧日本海軍により埋め立てられたことにより陸続きとなった神社です。その周辺はウミネコの繁殖地となっており、繁殖時期になるとおそよ4万羽という大群に変わるそうです。さて、その蕪嶋神社ですが先週の11月5日に社殿からの出火で建物のほとんどを焼失してしまいました、まさか最近訪れた場所が・・・とニュースを聞いてびっくりしました。現在は再建に向けて動いているようで2年後をめどに計画を立てていく
そうです、今回はその再建が一日も早く実現できるよう撮影した画像を張り付けていきたいと思います。




P8200558.jpg
蕪嶋神社に訪れたのはこの船に手を合わせるためです、これは海防艦 稲木の慰霊碑で1945年8月9日に
米軍のグラマン戦闘機約50機と交戦し八戸の盾となり沈没し、戦後1983年に蕪嶋神社境内に慰霊碑が
建立されています。


P8200559.jpg
その近くには稲木が沈んで70年となる2015年8月9日に建立された新しい慰霊碑があり、同時に慰霊祭も
行われました。


P8200574.jpg
慰霊碑の位置はこんな感じ。


P8200541.jpg
こちらは神社境内、それほど広くありません。


P8200538.jpg
左が社務所で右が拝殿、社務所は残ったようですが拝殿は全焼してしまったようです。


P8200537.jpg
ウミネコが町のシンボルなので神社もそれにあやかってるようです、そして奥には稲木の慰霊碑。


P8200546.jpg

P8200545.jpg
神社周辺の景色を撮影、この辺り一面がウミネコの繁殖地となるらしい。


P8200588.jpg
階段に設置された説明書き、大正時代に天然記念物として登録されてます。


P8200584.jpg
運めぐりもやってきました。


P8200589.jpg

P8200590.jpg
かつての災害の爪痕を記録するプレート、津波の高さを記しています。


P8200591.jpg
赤が1933年、黄が2011年の津波です。


P8200596.jpg
こちらは神社階段前、この辺りも津波の被害を受けたそうな。


P8200607.jpg
水たまりに集まるウミネコ。


P8200609.jpg

P8200610.jpg
神社近くのトイレにも震災の爪痕が。


P8200612.jpg
遠くから見た神社、小高い丘のてっぺんにあります。


P8200615.jpg
ウミネコがシンボルの町、ちなみにここは鮫という町。


P8200619.jpg
そんなわけで最寄り駅も鮫。


P8200614.jpg
駅前にも鮫。



場所はこちら、鮫駅から歩いて15分ほど。


現在再建計画が立てられている蕪嶋神社、地元の人にとっても親しまれた場所なので早く再建されることを
願います。しかし摩耶の慰霊碑のある天上寺や加古の艦内神社の分霊元と言われている日岡神社も火災で焼失してるんですよね、最近じゃお寺に油をかける不届きものがいたりと・・・こういった歴史的建造物や文化財の安全対策はいつの時代でも急務な課題ですね。


コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
スポンサードリンク
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる